MMD作成時はパソコンが悲鳴を上げる

Posted on 06 6月, 2014 in 未分類

MMDみたいって思ったけどまじで3DCGだったとは。MMD版シャドーフォックスその6残りボーンモーフと英語名設定で配布可能なとこまできた。サイズももう少し大きくしとかないと。MMDはいい3Dモデル作成ソフト。原作の作画をMMDにするとこうなるのかもしれないけど、黒バス畑から来たから違和感が拭い去れない。そうこう考えてるうちに軽率にモデル作成しそうだから。MMD動画作成に入るか。今だから告白する。ちょっと前に作成した『胸キュン体験 Ver.ヒロ』は、私の初めてのモーション作成でした つまり私のMMDモーションの初めてはヒロ様に捧げたことになる。ついでにラッキーアイテムで煮詰まった為に現実逃避にウタヒメコスな誰かさんやらを作成しそうになってギリギリで思いとどまったりしてた所為で余分な時間を消費した。

MMD TRAIN NOW!と書かれたパソコンを名鉄の中で開けたり、MMD感バリバリのVITAを電車内で”今も”扱っている。まだ見てない講座動画もたくさんあるから見ておくかな。PCじゃなくても見られる。動ける内に掃除と買い物しとこ…PC作業は出来たらやろ27インチのiMacと元々それに付けてた外付けのThunderBoltディスプレイだけどさすがに映りは良いからな。しかもMMD用PCに持ってきても今のところフルHD以上の動画作れないしな。モニタが今のPCスペースに収まるかどうか、を考えてなかったから帰ったら物差しで図ろうな。71バージョンでいい。パソコンが悲鳴をあげてる。必死だ。

Comments are closed.